fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

怪力乱神を語らず


マスターから令呪を奪ったスサノオ。
スサノオは『服従』を誓わせるため。 
「令呪を持って命ずるーー『取り繕うな』」
「むッ……」
自分より更に上位の存在から穿たれた深き呪詛。
奈落の深部、黄泉。
根の国が絡み付く。
「重ねて命ずる、『自分と向き合え』」

「腑抜けた人間しかいねぇな」
「革命でもしてみようかなぁ」
「自由って何でしょうかねぇ」
「大和魂は、荒魂となり狂う」

「が、が、あ、そ、それだけはしたくない」
「嘘をつけ、重ねて令呪をもって命ずる!」
スサノオが自分の末裔に存在全てを委ねた。
「『天の冠我の霊基』を受け入れろ!!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く