fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

魔王の再来

吸血衝動に負け、血を吸った「堕ちた真祖」。
欲望のまま、無差別に人の血を吸う。力の抑制から解き放たれ、真祖として全力を発揮できるようになっており、人間では太刀打ちできず、同じ真祖でも吸血衝動に縛られていては対応できない。
そのため、吸血衝動を持たない真祖を狩る真祖が運用され、現在は狩りつくされている。

ーーーはずであった。




スキル魔王により会得した吸血種の力。
それでも吸血衝動は楽々と抑えられている。
精神安定剤に改造を重ねた新薬によってだ。





「さぁ現代にグラン・ギニョールを再開しよう、空想具現化!我がおぞましき月よフェイバリットヴィルヴィド、再来せよ」
伯爵となった彼は徹頭徹尾厄であり過ぎた。
「星の牙よ、災害をもたらせ、悶え狂え!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く