fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

シャドウサーヴァント


サーヴァントの残留霊基。英霊の霊基を模した偽物、影のようなもの、サーヴァントの残留霊基。英霊の霊基を模した偽物、影のようなもの。サーヴァントのなり損ない。英雄にあと一歩及ばなかった霊体。あるいは、英霊であるものの、召喚者の実力不足、召喚陣の不着尾などが理由で影となった者たち。サーヴァントにもっとも近い生命体と言える。
見た目は名前の通り、黒いシルエット。

第五次聖杯戦争の残留思念でもある。
影の王はその全てを補食してしまう。

狂乱する地獄マッディングヘルが始まる。


二重妄想心音ダブルザバーニーヤ

悪性精霊である魔神シャイタンの両腕。
伸びる、心臓まで、その生命の髄まで。
そのどこまでも死を欲する力が火蓋だ。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く