fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

三連豹変


小生の一人称を使っている間、全ての人格は強制的に統合される、自己の心を弄んでこそ、真のマインドコントローラーであり、彼は豹変をした。





カーラ伏魔殿マハーカーラと成り、破壊神がここに到来した。
破壊神となった教祖も、また完全に豹変をした。






テスカトリポカがここで豹変をした。
愉悦と欲望のままに人などを殺し、他者を踏み躙ることを何よりも好む卑劣漢、マスターから伸縮自在な3本束の霊刀(沢山の魔性の亡骸を合成した物)を顔に仕込み、全身漆黒の魔物の王、運命を弄ぶトリックスター、 ジャガーの化身で闇と月を司る戦闘神、永遠の若者であり夜風を支配する闇の神として見られ、全能の力を持つ魔術の神としても崇拝され運命にまで関わりを持つという。
「とけけけ、殺せ、殺せ。鏖だァ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く