fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

泥沼の精神誤解


「小生が面白い話をしよう、カウンセラー、治療者に、猫を虐待したと言った、まぁ勿論嘘だ、お前ならそんな事をするだろ、と思ったら、その眼球は狂い始めてる、まぁそこはいいだろう、懐疑的と警戒、それを一気に解いて漸くこの子が異常だと判断がつく!と嬉々として食いぎみに聞いてくるんだぜ、あれは笑えたなぁ、二度とあぁいう人種に信頼など湧かないね、過ちは正しさ故に」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く