fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

二重人格


「気持ち良かっただろ?」
「僕は別に、憂鬱だった」
「非日常じゃねぇのか?」
「僕の求めていたのは!」
「黙ってろ、こっからはオレの時間だぜ?」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く