fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ワラキアの夜


「ひぎぃ」
立ちんぼ。
援助交際。
それをした男は女装した男だった。
萎えた相手は一物を切り落とした。
そこから女となった彼女を犯した。

男の部屋にはホルマリン漬けの一物のガラスケースがいつもある、捨てても捨てても捨てても捨てても捨ててもそれはあってしまう。

垢のように部屋の隅にこびりつく生き霊。

「ワタシヲ、アイシテクレテ、アリガトウ」





「その男の末路は?」
「ファザコンの怪盗アンチノウンに一物を盗まれると共に殺された、もう故人なんだよ」
「海に沈められたか?」
「小生は潮を吹いたが」





敏腕ディレクター。
外圧は悪魔の使い。
塩の化身。
教祖。
安住の地。
突如弟子を募集するという狂行。
塩卓の騎士を既に編成した凶行。
無能。
無能。

どこに向かっているか分からない選手権優勝

体は塩で出来ている。

全てのガイジの父親。

古代ギリシャ式徒弟制度。

何回でも言おう、愚か者。

潜在的サイコパス。






ワラキアの夜は彼に対してかぶりを振った。
「ふむ、劇場の支配者が劇を私物としか思っていないのは悪いよな、酷評を送らざるを得ない、だから、もう貴様への噂によって磨いてあげるさ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く