fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

バグゾンビ


月の聖杯戦争にてそれは蘇りを果たした。

舞台は、霊子虚構世界「SE.RA.PH(セラフ)」

聖杯「ムーンセル・オートマトン」を巡り争うのは、マスターたる128人の霊子ハッカー。

しかし、霊子ハッカーたちはムーンセルの門を潜った時点で自我や記憶といったパーソナリティを全て削除され、仮初めの記憶と役割を与えられた上で学園生活を送る。これが予選であり、4日間の期限内に自我を取り戻してサーヴァントを召喚できた者のみがマスターとして本戦への出場権である令呪を得る。

ーーーのはずだった。

アルターエゴともまた違う、バグゾンビ。

ifである老いたヴィクター・フランケンシュタインが、彼のサーヴァントであり、その彼はリッチの姿をしている、リッチ、というのさえおごがましいほどに死の統率者をしている、ジャンクデータ、デリートされたデータ、それを甦らせて、ゾンビ化させている。

そして、最悪のサーヴァント達が復活する。

セイバー、レオポルド二世
アーチャー織田信長
ランサー、岳飛
ライダー、骨無しのイーヴァル
アサシン、ジャック・ザ・リッパー
ヴァーサーカー、龍造寺隆信
キャスター、フョードル・ドストエフスキー

”レガリア”ではなく”ニーベルゲンリング”を所持する、そして自身も受肉した、かつての美貌と彼がいつも着ていたバロック調のゴシックコート。

「新世界の支配権、この覇王がいただこう」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く