fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

怪盗アンチノウン


…………あくまで義賊を名乗るらしい。

人体収集家のコレクションや。
人体を扱った醜悪な芸術作品。
グロテスクな絵画や剥製など。

それらを持つに相応しいのは自分である。

だから盗む、強奪、極端凶賊。

予告状が印す盗品は二つある。

持ち主の命と持ち主の持つコレクター。

その臓物は何色か?

知られるのを拒む者。

現代社会のピカレスクヒーローなのか。

ただの義賊もどきなのか。

自分もとある男の作品だからこそ。

それらを博愛するのかもしれない。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く