fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

破壊持続神

「人間は何かを壊したくてうずうずしてる」

「腐った社会と退屈な日常、虚無感に満ちた生活、儚い一生、他者がわずわらしいとさえ感じる、それは愚かではない、賢しい!!」

「これでも区別はつく、妄想と現実をな!」

「虚構の王子による蹂躙だ、カッティング」

「マガツゴシップ・アポトーシスフェス!」





量産型の人類悪を作る。
歪みを魂に溶けさせる。
悪魔と同化させ異形化。
DDD四巻になりえるか。
魔獣の都となった東京。
「畜生道街道の狂宴也」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く