fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

堕天使

「ぎぃ、はぁ、ぁ、がぁあぎぃぁ!」

女装した彼の一物を切り落とされた。
人類最凶の蝙蝠の魔羅を教祖は切る。
「あー、興醒めだ、そんなの見るとやっぱ萎えるわ、おー、それでこそ犯し甲斐がある」





迷宮の黒山羊よ。
美貌は他者を狂わせる。
生命を溶かす美声よ。
その声は死神鎌の軋み。
その歪んだ妄想は悪夢。
感覚の球体!
神経の塔!!
脳の町並み!
見えざる幻視ヒュプノス
曇りきった眼は歪しか見えず、邪見する。
現実タナトス見えた。

やぁ、堕落した天使よ。
かつて天より落ちし冥を司る王子。

神に近きベルゼビュート!!

我に宿れ、天の咎を抱こう!

嘶け!鮮血の騎手よ、共に行こう!!!

狂化髄月真紅辛苦ムーンストラックマッディングヘル

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く