fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ピエロ


「そんな、馬鹿な!馬鹿な!馬鹿な!!!」
「最近のブームだろ?能力無効化なんてさ」
復讐のための時間、魔術の研磨、全てが溝に捨てられた、ヴァーサーカーのヴラド三世も松永久秀に瞬殺されている、自分は道化だ。

この瞬間にて運命に弄ばれるしかない、操り人形よりも劣悪な道化師だと自覚したのだ。

ダーニック・プレストーン・ ユグドミレニアは、どこまでも、虫けらのように死亡した。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く