fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

魔王の襲来


「跪け」

体がその一言で平服の姿勢をとった。
平服を強要した、支配の魔術のみで。
人類最凶の蝙蝠の凶悪で凶暴な術式。
エミヤ、エドモン・ダンテス、ハサン。
シグムント、ジェロニモ、斎藤一。
そのマスター達と衛宮士郎の全員。

「元々鬼の王すら従える支配力だ、伊達に封印指定を食らってない、これは個人的な遺伝的でもなければ血族的でもない、自己の支配欲だけで形成された生まれもっての突然変異の魔術回路だ、謙虚こそ王道だ、それでもなお、大胆不敵さは必要だし非常識なんてゴミの役に立たない物よりも破天荒に生きていたい、最も支配するに値しない愚民が多いよな、人間選別をしてから王政を敷く」

「畏敬なるオレは優性思想に傾いているぜ?」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く