fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

源義経


鬼を食らい異能を得る。

目には目を歯には歯を。

鬼には鬼を、源平合戦。

儀式により、酒呑童子と融合した。
そして胸から眼球が一つ飛び出す。
九尾の狐を、封じ込めた殺生石だ。
魔天の座をここに凱旋させたのだ。
彼女もまた尻尾を、九本生やした。
「平家を全員殺戮してやろうぞ!」





第四章・完

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く