fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

バッド

「やぁ、エミヤ、この街も虐殺の匂いがしてきたね、この東京のう が発狂を待ち望んでいる」

「久しぶりに上京して偶然にも出会って言うのがそれか!現実と虚構の区別をつけろ!」

「血の量は何物にも変えられない真実だ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く