fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

立花闇千代


「やるじゃねぇか!この二刀流使い!」
「お前を女だとは思えないな男女!!」
「これでも、城主なもんでねぇえ!!」
立花闇千代がチェーンソーを振るってる。
アーチャー・レクイエムが双剣で防いだ。
双剣が弾かれチェーンソーが薙ぎ払われる。
「おらよ!終わりだ!」
「そう焦るな、猪武者」
「何!チェーンソー型の剣だと?」
双剣を捨てて投影したのはSAOのレア武器。
先程捕まえた人類最凶の蝙蝠の愛用武器だ。
悲鳴三昧グランギニョル
「はっ!面白くなってきた!」

そのヴァーサーカーのマスターは狼男達の前にも怯まず、真っ向から撲殺を続けていた。
愛する妹のために絶叫と憤怒をし続けてながら、その拳は最大の鈍器ハンマーにして凶器であった。
「ジィィナァァコオォオオォ!!!!!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く