fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

傍若無人の末路

抑止力の排斥例。
権能の地球上での行使。
神霊クラスの降臨同様、物理法則の確定した現代で「そうだからそうなる」で力を行使する権能も抑止される、ので止められるのだ。





「矢?ふむ、これは、皮肉な武器だな、かつて君に見せた鳥居の封印術式と結界術式を併せ持つ呪刀苦々連を、投影して射すとはね」
アーチャー・レクイエムの仕業である。
人類最凶の蝙蝠を無力化する事に成功。
「さて、お前は暗黒将軍の愛玩道具となるだろう、それが貴様の末路だぞ、ざまぁみろ」
辛うじて使える第三の手で、煙草を吸った。
「漸くこれでバトンタッチだ、第二部の主人公は原作に出ている者でないと嫌なのでね」
「ちっ、負ける事まで計算に入れられていたのか、だが貴様にお天道さんは二度と慈悲も哀れみも向けない、理想を抱いて溺死しろ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く