fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

中国にて


「鬼の喜ぶ権利猟奇趣味か、はっ、人道に進むのではなかったか、しかも鬼を制御する術を放棄しておる、母方のシャーマンの名家は何をやっておる、放任主義も過保護も同様だろ、問題を直視せず何が親子関係だ、こちら側は水滸伝の梁山泊の妄念全員を我が秘法にして道士としてキョンシー達にしたのだぞ、こちらは兵力という物量を持ってるのだよ、二頭狐貴様を認めた、が、どちらの曾孫が優秀かは東京の聖杯戦争で雌雄を決しようか」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く