fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

梟雄跋扈


「弱いな」

武蔵坊弁慶を踏みながら、片手では、牛若丸の首を握り絞めている、勝敗は決していた。

「ぐぁぁあ!」
暗闇あくが浸食する。
人工的オルタ化。
「贈り物だ、洗練された悪意はこの世全ての悪に勝る欲身エゴとなる、アンリマユの三倍だよ少女」





「私を見捨てた、私を見限った兄が憎い!」
「その調子だ、乱世に謀反は彼岸花の狂い咲きだ、小生は主にはした覚えが本当に無いのだが、ではこう言おう、喜べ少女君の願いは漸く叶う」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く