fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ドッペルゲンガー・ダンス


「「八咫鏡、闇を吐け!」」

起源が鏡である理由がある。
魔物と闇を封じるための物。
呪具にして御神体の神具だ。

池袋のアーチャーとそのマスター。
お互いに魔物やみのコントロールが出来ている。
中二病で闇は制御できない、右目が疼くなどがあるが実際それがあると現実的に危険だ。

反転にしても暴走にしても退魔が必要になる、そして、闇と魔物を溢れさせた二人。
現在ではコントロールが可能になってる。
赤紅朱を人間の身と理性を持ちながら出来るのである、加えて、精神が異常ではない、自分が狂っていないと自己暗示する事で補助。
さらに青蒼碧を同時発動して『ポイズン』に成る。
紫色の髪に紫色の両目。
能力は無限機関となった霊力の原子炉。
不老不死、無限に等しい魔術回路創造。
以下割愛、俺TUEEEの極致であり完成
「「牛頭天王の幾億の暴言アルティメットバイオレンス」!!!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く