fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

拳覇蹂躙

平景清と立花宗茂が一騎討ちをする。

そのぶつかり合いの直前に飛来した。

マガツスサノオは両者の頭を掴んだ。

そして一気にお互いを頭突きさせた。

プレスされたボーリング玉二つのように。

もはや頭部の形状は保てずどちらも敗退。

「世界が終わりそうなので、先を急いでた」

死亡した者へ謝る事はせず己の事情を淡々と言い目的地に急いた、シネマの中の世界の領地エリアへ。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く