fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

忘却の彼方から

短編小説がこうである理由の一番の理由。
人間道の記憶の儚さ、過去の忘れやすさ。

この土地は鰐の背中に乗っているのである。
その忘却すらも伏線であり、罠なのである。

繁殖期のオスはメスを誘うために大きな鳴き声を挙げる、この街を乗せた鰐も例外なく。

盛んになったのである。

忘れててもなお、伏線。

この物語を記憶に深く刻むための計である。

災害は忘れた頃にやって来る。

特にコロンブスの暗躍とかだ。

欲望ゆめで出来たのはあれだぞ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く