fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

マガツスサノオ

「あっはっは!どうだ!これが暴君ほうの力!」
黒い体に赤い線、異界を鬼の故郷と定めれば現世との境界線が張られれば、現世に純粋な鬼種はいないはずだった、池袋の警察所長。
彼は混血として鬼の因子を取り込みすぎた。

だからこそ鬼種の原種を呼ぶことが出来た。
「最高だなぁ、マガツスサノオォオオオ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く