fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

スサノオ出陣


蒔寺楓はヴァーサーカー、キュベレ、のデミ、間桐桜はランサー、パールヴァティーのデミ、美綴綾子はライダー、ミネルウァのデミ、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトはアンチルーラー、エリスのデミの四柱の女。

全員、抑止力の排除対象である。

抑止力の排斥例、神霊クラスの降臨、アンリマユもそうだが物理法則が確定した現代で神霊クラスの存在を降臨させることも危険なため抑止力の対象となる、ゆえに滅ぼされる。

そのルールを原典を読まない者は知らない。

だから読まなかった者は脱兎の如く逃げた。

「………………」

その四柱の女神達を全員倒し終えた。

「………………」

無情があった、自分も、そのままで呼ばれていれば、リンチを受けた、その場合、本気を出した場合、テスカトリポカと同じぐらいの地球的規模での人類の大量殺戮をしでかす。

「………………」

マスターが知恵が回る者でよかった。
マスターが、自分の末裔でよかった。

「………………ふっ」

微かに、笑ったが。
また無口になった。

「………………」

…帰参を果たした。
マスターは寝てる。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 鬼怒川 ますず

    良いと思いますよ

    1
コメントを書く