fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

禁句

人類最凶の蝙蝠さんは、理性的である。
何かあっても一晩ぐっすり寝れば良い。
彼が病んだとしてその気分を他者が代わりに受けて、自殺したいと思っても他者が代わりに自殺する、それは因果のすり替えである。

しかし、彼に対して言ってはならない事は。

三つある。
「弱いな」
「まさしく精神異常だなぁあ、或いは狂ってるな、またまた頭おかしいのか、精神の病院に行ってこいよ!黄色い救急車が必要か?」
それだけでも、腹が捻れそうになり、地獄を見る事になる、人間の器に固執する彼が人間の形態すら放棄するほど怒りが激しくなる。

何よりムカつくのは。
「お前女みたいな顔してるよな(笑)」

「なんっ……でそこまで!的確に人を傷つける台詞セリフが言えるんだよお前はあああああっ!!俺様が嫌いなのは女装と男の娘の文化だ、現実にいたら気持ち悪いだろうが、俺様がアストルフォみたいに理性が蒸発している奴だとでも言いたいのか?こんな侮辱を受けたのは久しぶりだ!確実に許さねぇ!この顔のせいで庇護欲を煽り強さに貪欲になれなかった忌々しい過去がある、お前はそんなコンプレックスを抉った、八つ裂きよりも、たこわさ創るみてぇにぶつ切りにしてやる!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く