fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ターナ・ラャチア


逆真言である。

禍日邪蝕覇獄ターナラャチア

黒炎が連射される。
それを相殺する水。
祖父の水の弾丸だ。

「有動暗王の姫の仕業か、奴の煩悩の中身をまじまじ見れる機会があって幸いじゃわい」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く