fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

荒ぶるゴリラと静かな殺し屋

「もう、醜い争いはやめろ」

じじいは吹っ飛ばされ。
松永久秀は投げ飛ばされ。

弟の弾丸をつまんだ。
兄の刃物をつまんだ。

「いい加減にしろ、兄弟で争うだなんてふざけている、もう解放されてしまえ馬鹿野郎」

「あぁ僕もこんな魯鈍蛮行など見飽きてる」
浅黒い肌に白髪、武者の甲冑を思わせるアーマーと赤いフードを纏った男はアサシン。
抑止力の霊長の守護者として、呼ばれた。
蝙蝠の凶運がまたもジョーカーを引いた。
「止めたからそれでいいなんてあまっちょろい事を言うな、こいつらは死ぬべき咎人だ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く