fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

影は消えず、天は失墜する


「目を覚まして!」

平手打ち。

イスラフィールによる。
それは、戒めであった。
「貴方のせいで不幸になった女性は誰一人いない、貴方のために不幸になったのかもしれないけど、それを『咎』にして溺れないで」

銃砲。

磔のサーヴァントの残り四人が殺された。
氷の弾丸、それは祖父である『天魔人』。
「いいんだよ、人間は『咎』を感じるから強くなる、サイコパスの罪悪感の無いは本当の強さには程遠い、人畜生は欲望を定めそれに溺れればいい、業力はそうやって強くなる、咎を増やせ、そして業を背負うのだ、孫よ」

「この悪魔!!」

「そうだよ天使」
胸に穴が空いた。
天使は失墜する。
「偽善者は誰もがそう思うだろう、倫理観と道徳を弁えた世界は退屈だが、欲望に満ちてこそ人間の世界であり、欲界の在り方だぞ」

「何を呆けてるんだ、続きをしろ、さぁ命と命を賭けろ、血族の血を混じらせろよ、わしの最愛なる孫達、純粋なる灰色の兄弟よ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く