fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

特異点・悪質隔離腐海魔境・池袋8

「サタンは地獄の最下層で氷漬け、一体化してたから、こりゃあちゃっかり融解させて、きっちり、融合させて、黒い氷にしたらいいと思ってしてね、そして、この魔術書、凶賊の極致シンスキルはそんな氷から出来ている、浮遊させてあるのは、手で持ったら滑るから、滑るから、統べるのだよ?あ、小生氷属性です、あれー毒属性だと思われてたのかい?まぁ毒矢とか沢山使ってたけどさぁ」

「小生は既知などいらない、学校の勉強などそれはもう退屈だ、凡人が社会人になるための機械化される量産工場でしかない、天才も鬼才も、工場ではなく研究所で育まれるべきだ、まぁ小生は個人でしかやらない、そんな小生でも、割りと色々な人のも見たいんだよ?落合陽一とか、他人にインスピレーションを受けるのは許容範囲だ、インスパイアも、だが完璧はいらないのですよ、完璧を嫌悪する!!完璧であれば、それ以上は無い。そこに創造の余地は無く、それは知恵も才能も立ち入る隙がないと言う事だ、下らぬ低劣だ」

「究極的に孕みしメサイアを渇望する狂信者さ、それがどんな宗教体系でもいいのだ、人理なら、君をそうだと思おう、カルデアのマスター、産まれてくれてありがとう、では」

「それを冒涜レイプする事こそが真実の究明だ!」

「これぞ真実の王アグラへの反逆である!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く