fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

シネマの中の世界

シネマ(ティックレコード)の中の世界。

ジャンルは歴史活劇。
過去の話の繰り返し。
無限ループ物である。
人理そのものの走馬灯でもある。

「小生は過去を悔やまない、人間とは、前に進むと死神の法を破ってまで受肉して分かっている、問題はエロスが嗜めない体になった事だけ、死神として、魂の回収に赴いた時、悪戯心が湧いた、というより計画犯罪だったけども、まぁ彼の凶運の賜物ってやつさぁ」

見たいものしか見ない。
見たいように世界を変換する。
どちらも邪見という煩悩である。
大衆の認識による次元の歪みである。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く