fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

薬害あって一律あり

「というわけで、良心なんてない、自己認識、愛、それも無くなった、幸いにも判断力は、量子コンピューターを脳に組み込んであるので失われない、これは君達が自分を濁したのだ、正しい判断が出来なかったのはそちらだ、開き直りじゃない、その同情が何よりも、苛立ちを覚える、それは浅ましい感情である、ニーチェの言った事はとことん正しい、超人になるのを阻害されるのは両親であろうと、気に触るのだろう、自分は誰かを愛したいと思った事は一度もない、なのに群れれば満足は下等種そのもの、孤独でいるのは、発達障害だのアスペルガーだとさ、間違っている、踏み潰したくなるんだよ、認知の歪みはさ、世界は歪んでいる、歪んだ妄想すらあるだろう、小生はこの歪みが大嫌いだ」

「病んだ奴はなんでさっさと自殺しないんだろう、不思議だ、歪んだ人間性は醜いだけ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く