fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

一京の魔術

「本当にそれだけさ、第四の壁だって壊して話しかけられるほど文明そのものを術式にしている、この恐ろしき方程式、一京の魔術スキルで暇になる」

「って、人間は数学が不気味だと思わないよね、理系が尊ばれ、文系が忌まれる、基礎研究を除外して成果は生まれない、そして独自性、というより独創性は鬼才から生まれる、天才は凡庸を凄くするだけのゴミクズさ」

「だから君達にはリアルショックというか、リアルインパクトというか妄想実現化能力の餌食になってくれ、夢は必ず叶うのだよ?」

「死んだら叶えられない、シルクハットに白足袋ってどうだか、あぁこっちの山田君は生贄になって貰う、死を代理するんだ、もう一人の山田君のために影贄になってしまえ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く