fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

松永弾正久秀


「では、自害しろ、ランサー」

「天草四郎と思った?残念アラフォー梟雄です、爆破オチと思いきや、実は日本の史実初の銃による自殺をした人です、信長はクソ」

「村正、か、久しぶりに蒐集の意欲が湧いたな、自己の欲望を満たす事に愉悦がある!」

「この我輩はどこぞ神父ではない、どこぞの神父の前世のようなモノだが、世界に苦しみを強いてその外圧で他者の不幸を蜜と断じる、そこに悩みなど持てない、躊躇する者こそ愚か者なのだ、欲望ゆめにあるのは真実のみ、人理はそれを樹液として育んできたじゃないか、知っていて見ないフリしたとは言わせないよ、カルデアのマスター」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く