fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

凶月月下・黒蓮白夜

「世界は青褪めている、世界は死体で満ち満ちている、虚構よ多く、虚無よ多く、生きていれば必ず死ぬ、死を想え、死に狂え、偽物よ朽ちろ、偽物よ、腐れ、真実は遠く、無明である、そしてここは黒き蓮の蜜、蓮の下の泥沼である、この世全ての悪の到来終末後の泥土、墓地に楔を腫れ、人理そのものが化膿性で満ちる、痛め、痛め、痛め、痛め、悲痛と苦痛を、この二度と来ぬ昼のために、永夜を築け、固有結界『凶月月下・黒蓮白夜』」

夜が、強制的に来た。
墓地となってしまう。
魑魅魍魎が、蠢いた。

「ここは我が領地、ここが我が古郷なり!」

「死は純粋な終わりであって罰でもなければ救いでもない、この埋葬と被葬に幸よあれ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く