fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

第三話、懺悔、悔恨、解禁

「彼の兄だからこその答え、か、よかろう、その傷を切開する、心の傷が膿んでいる、世界の苦痛によって愉悦し実感するのは私と似ているが、君の苦しみは、狂いたくても狂えない自己を持ちながら、自虐と被虐によって自我を得るという狂った人格を持つ、悪をする事によって、自分の偽善者である事を自覚するのに努めるどこまでも中庸な凡人、君は理想を持つのさえ許されない、その背徳は、私利私欲でしかない、自己中心的でしかない、それでは、お前は神に跪く事を覚えろ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く