fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

シックス

「全ての人間は我輩の食料であり所有物おもちゃだ、我輩だけがいじくる権利を持つ」

「違うね、全ての人間は小生の人形であり、小生の所有物だ、小生だけが弄ぶ権利を持つ」

探偵と真犯人が向かい合う。
片方は魔人、片方は人類最凶の蝙蝠。
「あれも養殖に位置されるのかな?」
「いや、最近の若者はよく考えるからなぁ」
「そうか、楽しんでもらえてないよりだな」
「しかし、これは吐き気のする邪悪、と人間の価値観では呼べるのではないのか?」
「デスゲームの主催者は誰だってそうだろ」
「違う、お前の人間としての有り様だ、悪を作りながら自分は悪ではないと嘯くのは、人間において最も唾棄すべき下劣な犯罪だよ」
「そういうものか、まぁ、差異な話だろ?」
「デズモンド・モリスの人間動物園においては、か?」
「その通りだ」
「人間に嘔吐感を抱いたのは久しぶりだ、だからこそ、この我輩、気持ち悪いからさっさと、蝿の王は物凄い勢いで潰したくなるんだ、では虫けらのように死ねイビルムーン」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く