fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

久宇舞弥

「ねえお願いがあるの・・・ あなたのお尻で座って欲しいの・・・・・・」 
「・・・・・・?」 
(ソファに寝そべりながら)
「ギュッって圧迫して欲しいの。お願いよ」 
「ギュッ?」
「お顔の上よッ!あたしの!そのカワユイお尻で押しつぶしてッ! ああーーっ 早く!早く押しつぶして!」 
「なんですって!」
「圧迫よォッ!呼吸が止まるくらいッ!興奮してきたわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!」
「もっと乗って舞弥ッ!強くッ もっと!もっと!ああッ!乗っか・・・」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く