fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

狂った道化師2


聖なる石から溢れる、とても清らかなる魔力、精霊から摘出したと思える、それを、人工での魔力注入実験という危険極まりない人体実験に志願したために当時の不完全な製造技術で副作用を受け人格が壊れてしまった。

「ぼくちんは教祖様のために何でもしました、なのに、なんで外圧扱い、うっとおしかったのか、役立ずの烙印を押されたのか、悲しいですね、あなた様のためにどんなえげつねぇ事も容易く行ってきたというのにね!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く