fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

幻のイリヤルート


「我はまた死んだのか、お!お前は!」
アイリスフィール・フォン・アインツベルンが、舌なめずりをする。
「私の娘を四肢をもいで、間桐家の蟲倉に放り込んだり、ヴァーサーカーを娘の目の前で自害させたり、セイバーとアーチャーを彼女を人質にして戦わせたり、ライダーを暴走に追い込んだり、黒魔術を始めたキャスターを聖杯の器に使ったり、囚われのお姫様、悲劇のヒロインにしても、これはひどいというよりむごいわ、そんな裏ボス君にはまだまだお仕置きします、覚悟してねギルガメッシュ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く