fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

白夜劇団No.10



黒騎士と闘うは青騎士。

畏れ多き王子。
ペイルナイト。
リィゾ=バール・シュトラウトの時の呪いの不死性に致命傷を作れるのは、時間操作の魔術が使える彼であり、その時間操作は、万物にある綻びを広げ、そして死で満たす術式。
固有結界でこそないが空間支配系の能力だ。

天下冥動す終焉の星グレイテストレクイエム

生命を持つ者が避けられない『老い』
本人だけはその影響を受けないのだ。
自分には常に若返りの時間操作をして相殺するからだ、若返るほどに力が増して、老いるほど魔力が増す、が後者は老いた姿は吸血鬼として醜い姿だから、と言って、成らない。
老いるほど真祖の魔王に近づけるというのに頑なに、それを拒む、さらに、相手に若返りを酷使すれば、人間の体内の時を生前まで巻き戻し、その人間を消滅させる事も可能だ。

彼の最も存在を表す忌み名は『歪なる時』

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く