fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

メフィストフェレス



「久しぶりの死の予感、これはもう、聖杯に悪戯して置かないと駄目ですね、霊基?ええと、概念そのものを弄ればいいのか、それとも魔術的な側面から弄ればいいのか、改造するより改悪を、改善するよりも改竄を、それはもう、聖杯の意思とやらに堕落を、おっと殺生院キアラが溶けている、これは使えそうですなぁ、聖杯の意思を貶められそうだ、アルジェナは、ふむ、二重人格を生ませるのに使えそうだ、偽者のオスマン一世はそこら辺の夢想家していたおじいさん?だけど宝具は本物に近いだと、支配欲を埋め込んだこの世全ての悪ならば悪魔に相応しい魔王なる存在になる、おっとここまで弄ったのならもう待ってなれないな!待ち望まれたディスピアはもうすぐありそうだからこれにて自害!!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く