fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

おぞましき血族2

「まさしく、混沌そのものなのだ」

初代風魔小太郎にも関わりがある。
西洋の四大元素『風』『水』『火』『土』
海外版五行思想と解釈した血族は漁った。

その異人の魔術知識は豊富である。

加えて、アサシンでありながら、組織を追放されて、流れ着いたのが極東の地であった。

元々暗殺技術に精通していたが、伝説の暗殺者一家と称されるほどの忍と呼ばれるようになったのは、その風魔の開祖との縁があったからである、しかし本人達はフレンドリー。
他の元素を持つ方々も選りすぐりの者達ばかりであり、社交的にもほどがあると言いたい。

『空』に至ったエスカルドス家の1800年の大望もなぜか知っていたほどの社交力である。

なお、世俗的である。

また、表の顔も持つ。

余談だが時計塔の鬼才は祖父の妻の魔術回路を引き継いだおかげで【アベレージ・ワン】上記の五大元素全てを、併せ持っている。

自分でいうのもなんだが、宝の持ち腐れだ。

「めはりすしは絶品なので食べて下さいな」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く