fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

マシュ・キリエライト


いまは遙か理想の城ロードキャメロット!!!」

「左腕・明の明星イルミナティ!!!」

盾の宝具と光線の宝具がぶつかりあう。

その間片方の右腕では黒い龍が舞う、邪王炎殺龍波のような黒炎を龍にして飛ばしてる。
「右腕・黒血の月蝕姫ブリュンスタッド

『焼却の銃』の炎の弾丸は太陽を司る。
対して、その宝具は月を司るのである。

二人の『焼却の銃』が月を喰らおうとする。

陰陽師も式神の白き龍でその黒い龍と拮抗。
「朱の月の使い魔王とやりあうことになるとはな、だが、魔性ならば退魔出来ぬ道理はない!」

マシュ・キリエライトがソロモンが光と闇の両方の属性を産まれた時から持っていた事に驚きつつも、その力を彼が使う事によって、忘れた親しき人を穢されてる気分となる。
唇を噛んで、血を滲ませるほどの怒りだ。
「私は、貴様を絶対に許しませんから!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く