fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

新・ランサー


『傾奇者』が石田三成、徳川家康、水野勝成、風魔小太郎の乱戦に、一石を、投じた。

水面を揺らすはずのそれは一同を明鏡止水に至らせたかのような静けさを生んだのである、その男の存在感が、そうさせたのだ。

朱塗りされた三間柄の長槍。常識や権力に捕らわれない『傾奇者』として名を馳せたランサーの象徴である大武辺朱槍を構えていて。

歌舞いた。

「よぉ、女をよってたかって虐めるなぞ言語道断、この俺、前田慶次が相手になろう!」

マスターは『焼却の銃』の子供の双子の片割れであり、それはもう仲の良い兄弟である。

なので、新・ライダーはもちろん………

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く