fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

白夜劇団の説明


現在出ているのは
No.2 の魔界狼男
No.4の鬼人形師
No.5の鬼日向(英霊を受肉した鬼人形)
No.6のウォール街の悪魔
No.11のバイパーシャーク
No.12のミレイユスネイク
No.14のH・Pラヴクラフト

それはとことん自由を誇りにする。
何よりも世界という舞台の中で悪役ヴィランを演じて、十三階段とヴィラン連合と幻影旅団を悪魔合体させたような組織である。
欲望に忠実な組織である。
松永久秀が絶賛している。

犯罪を娯楽とする倶楽部。
魔術を遊具とする倶楽部。

そこは享楽主義者の楽園。

劇団はいつだって遊びたがり。
現実とゲームは違うというが。
劇団員にとっては同じである。

役割あくに専念し、そのリーダーは人類最凶の蝙蝠さんであり世界を劇そのものにしている。

この組織の目的は、ただ世界を劇とした場合に、その劇を盛り上げたい、それのみが行動理念であり、惨劇だろうと悲劇だろうと喜劇だろうと、面白ければ何でもいいのである。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く