fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

夜・尼は鬼へと堕獄する



「信長公、信長公、信長公」
角が生える、牙が鋭くなる。
天海は、鬼へとなっていく。
マスターの死後による覚醒と同じになる。
マスターの魔力、妖気に牽かれていった。
「愛したい、愛して下さい、信長公、またあの時のように、抱き絞め合ころしあいましょう」

鬼となった彼女は主に想いを告げにいった。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く