fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

妖老の邪計

「信長公………」
「ウブじゃの、互いに主君に謀反した仲じゃ、主君を誇り高き者にするために務めよう、のぉ、明智光秀、今では、天海、か?」
「はい、老師」
「さて、信長公は来る、実の妹を触媒に召喚するのじゃ、弟子の求める真の主を、な」
「はい! 分かりましたとも!!」
不気味にほくそ笑みをする妖老。
「なら行け、お市の悪夢を核とするのじゃ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く