fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

時計塔にて

「やぁ、ロード=エルメロイ二世、漸く人の言葉を喋れるキメラを完成させたんだよ、ほらロード=エルメロイ二世に挨拶をしなさいな」
「コンニチハ」
「これは凄いな」
「ははっ、これで封印指定コースだよねぇ」
「ロード=エルメロイ二世、ロード=エルメロイ二世…………先生」
その言葉に驚愕。
そして質問する。
「時計塔の鬼才。人語を理解する合成獣の研究が認められて資格とったのいつだっけ?」
「ええと…2年前だね」
「私の生徒がいなくなったのは?」
「……2年前だね」
「もうひとつ質問いいかな」
 
「お前の友達と愛犬どこいった」
 
「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」
 

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く