fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

夕方、人間の踊り食い


「食事の時間だ」
蟲毒なるまま娘。
元公家の堕姫だ。
蟲の因子を666持っている。
間桐よりも酷い呪術使い。
彼女はおぞましき血族の前にあった陰陽師の名家からあえて外れた外道の弟子であった。

そんな彼女が体内から蟲を出す。
小さい者から大きい者まで出す。

聖石教団が狂宴となり下がった。

人間の踊り食い。
まさしく貪食だ。

「さぁ人の心を持たない虫けらはどこだ?」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く