fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

歪昼、巨大なる蛭とは蛇の如く

くらえ」

何頭いるのだろうか?
影から蛇の口が多量。
ぞわ、おわぁ、ぞわ。
大量かつ多量である。
怨むべき相手の皆に絡み付き歪曲させる、折り砕く、曲げ砕く、歪ませて曲げてしまう。
「先輩汚れちゃいました」
傷痕、鞭、刃物、釘、針。
火傷痕、火、過酸化水素。
レイプ痕、全てが濡れて。
そのすべてに塩を込められて。
「私はきっと何か悪い事でもしたんでしょうね、悪霊、魔女、悪魔、邪神、私って何なんでしょうねぇ、もうお家には帰れないなぁ」
同情などされない。
彼女は悲しき存在。
お市の要素を混濁。
「全部、桜が悪いんだね」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く